スポンサードリンク
2007年11月16日

最善を尽くせば、完璧である必要はない

「100パーセント完成している完璧な仕事」というものは存在しません。

重要なのは完璧な仕事を目指すことではなく、素早く、的確に仕事を完成させるために、自分の最善を尽くすということです。どんなに一つの仕事の完成度を高めても、ほかの仕事をないがしろにしたのでは、あまり意味がありません。

自分の最善を尽くして仕事をこなせば、仕事が完璧である必要は必ずしもありません。100パーセント完成している仕事というのは、ある意味で幻想です。完璧な仕事を追い求めるよりも、自分の最善を尽くすということを意識しましょう。

仕事を完璧にしようと努力しても、それはあまり意味がありません。どこまで完成度を高めても、完璧にはならないのだということに気づくはずです。すべてが100パーセントに完成することなどありえません。

ですが、自分の最善を尽くすということは、これ以上ないという程、努力をするということです。これ以上はない最善を尽くして努力するのですから、それ以上の完成度を求める必要はないのです。

完璧であることを求めるよりも、自分の最善を尽くすことを意識しましょう。最善を尽くせば、後悔する必要もなくなります。常に自分の最大限の力を発揮し、仕事を完成させていきましょう。

*メルマガ「仕事で成功するための思考法」vol.087の内容に加筆・修正したものです。


スポンサードリンク

 


posted by 八意 at 01:16 | 仕事で成功するための思考法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。