スポンサードリンク
2007年11月11日

自分のやり方を見つける

上達するためには、まずは人から技術を学ぶことから始まります。始めは人から学び、それを習得することで、自分の仕事のスキルを向上させていくのです。ですが、人から学ぶということは、上達するための第一歩でしかありません。

人のやり方を真似て学んだ後、さらに向上するためには、そこから抜け出し、自分のやり方を見つけていく必要があります。

仕事のやり方を改善し、向上していくためには、学んだことを土台にし、自分なりの改善を加えていくのが良いのです。学んだだけでも足りませんし、自分流だけでも足りません。学んだことを土台にして、その上で自分流を作り出していくのが、やり方を改善する良い方法です。

最善の仕事のやり方というものは存在しないでしょうが、仕事のやり方を改善していくことは常に必要です。やり方を改善し続けることで仕事の効率を高めることは、ある意味で最も優先すべき仕事だといえます。

人のやり方を真似るだけでなく、仕事のやり方を常時改善することを心がけ、自分なりのやり方を作り出していきましょう。

学んだやり方が自分にとって最適であるとは限りませんし、むしろやり辛いかもしれません。自分がやりやすく、なおかつ仕事の効率を高められる方法が、自分にとって適した仕事のやり方です。創意工夫し、自分流のやり方を見出していきましょう。

*メルマガ「仕事で成功するための思考法」vol.083の内容に加筆・修正したものです。


スポンサードリンク

 


posted by 八意 at 01:30 | 仕事で成功するための思考法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。