スポンサードリンク
2007年10月26日

失敗を認める

新しいことに挑戦すれば、間違ってしまったり、失敗してしまうのは当然のことです。すべてのことを正確に、完璧に行える人など、どこにも存在しません。誰でも、失敗は経験するものです。

重要なのは、失敗したことを認め、それを次の挑戦に活かすということです。

挑戦し、そこから学ぶことで、次の成功に繋がります。例え、失敗しても、多くを学ぶことができれば、それで十分なのです。そして、成功した時よりも、失敗した時の方が得るものは大きいのです。

失敗を分析することで、多くの経験をし、学び取ることができます。ですが、失敗を認めなければ、問題意識がなくなり、そこから学び取ることが難しくなります。

失敗を否定することは、成功を遠ざけているようなものです。

失敗を認め、そこから積極的に学ぶようにしましょう。失敗からは、多くの経験をすることができます。そしてそれを、次の成功へと結び付けていきましょう。失敗から学ぶことで、成功は近づくのです。

*メルマガ「仕事で成功するための思考法」vol.066の内容に加筆・修正したものです。


スポンサードリンク

 


posted by 八意 at 01:25 | 仕事で成功するための思考法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。