スポンサードリンク
2007年08月21日

同僚とはうまくやっていく

どんな職場であれ、同僚がいます。

同僚とは、同じ職場で同じ仕事をする仲間であり、仕事を続けていく以上は折り合いをつけていかなくてはなりません。

ですが、すべての人がうまく対人関係を築けるわけではありません。どうしても折り合いがうまくいかないということもあると思います。

対人関係をうまく築くのも仕事

仕事をしていく上で、同僚とうまくやっていくのは必須です。対人関係がうまくいっていなければ、何らかの形で仕事にも支障が出ます。

つまり、仕事をしていく上で、同僚とうまくやっていく能力が必要になるわけです。

これは仕事をする上で必要な能力ともいえます。

もしあなたが同僚との折り合いがうまくいっていないと感じるのなら、意識してそれを修正しましょう。それは仕事に支障を出さないための努力の一環であり、仕事をスムーズに進めるためには必要なものです。

努力しても修正できないということはないと思います。最低限、お互いの仕事に影響を与えない程度の関係まで持ち直せれば十分です。

この場合、相手が好きか嫌いかは関係ありません。

同僚とうまくやっていくことは、いわば仕事の一環のようなものだからです。例え相手が嫌いでも、仕事には支障が出ないように努力しましょう。


スポンサードリンク

 


タグ:仕事
posted by 八意 at 11:21 | 仕事のモチベーションアップ法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。