スポンサードリンク
2007年08月13日

長く生きていれば、失敗するのは当たり前

人間は失敗することがあります。

仕事上での失敗、就職、転職の失敗、対人関係での失敗、些細なミス。

生きていれば、必ず何かしらの失敗をしてしまいます。

失敗すると、まるで自分の能力が否定されたように感じるかもしれません。自分はこんなこともうまく出来ないのかと思うかもしれません。

失敗することで、モチベーションまで下がってしまうものです。

ですが、考え方を変えることで、失敗したことを受け入れやすくなります。

「長く生きていれば、失敗するのは当たり前」

何かに失敗したとき、私はこのように考えています。

「長く生きていれば、失敗するのは当たり前」なのだと。

これはどういうことかというと、長く生きているとそれだけ様々な体験をすることになります。体験することが多いほど、当然のごとく失敗する回数も多くなります。つまり、長く生きるほど、失敗するのは当たり前になっていくわけです。

あなたが20歳なら、いままで7300日生きていることになります。時間に換算すると、175,200時間です。30歳なら、10950日=262,800時間。40歳なら、14600日=350,400時間にもなります。

それだけ長い時間生活していれば、何かで失敗するのは当たり前のことだと思いませんか?

失敗を恐れてはいけません。

失敗から何かを学ぶことが出来ますし、長く生きていれば失敗するのが当たり前だからです。

一つひとつの失敗で落ち込まずに、失敗することは当たり前なのだと受け入れてしまいましょう。

そのとき、あなたはもっとポジティブになれているはずです。


スポンサードリンク

 


タグ:仕事
posted by 八意 at 15:04 | 仕事のモチベーションアップ法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。