スポンサードリンク
2007年08月04日

その仕事が本当に自分に合っているのか考え直す

仕事には、自分に合う仕事と、自分に合わない仕事があります。

それぞれその人の適性によって、適職が定まってくるわけですが、初めから自分の適職を見定めるのは難しいと思います。

自分の適正に気づくには、実際に働いてみること、つまり就職することが必要になります。そう考えていくと、就職する前から適職を探すのは難しいといえるわけです。

自分に合わない仕事は存在します。そこではあなたの能力を完璧に発揮することは難しいはずです。

何事においても、すぐに諦めてしまうのは良くないことですが、自分に合わない仕事を続けるのは、生産的ではなく、あまり意味がありません。

その場合、転職を考えるべきだと、私は思います。

転職を考える

自分に合わない仕事は、無理して続けても意味がありません。あなたにはあなたに合った職種が必ずあります。それを探すことが、必要だと思うのです。

雇用条件や勤務体系などが自分に合わないということもあると思います。自分があまりよくない条件で働いていると知りながら、その仕事を続けるのは、やはり生産的ではありません。

自分の能力を発揮できる職場、職種で、なおかつ満足できる雇用条件、年収だからこそ、モチベーションを維持することができ、仕事にも全力を尽くすことができます。

今の仕事が自分に合った仕事か、雇用条件に満足しているか、もう一度考え直してみてください。

自分が満足しない雇用条件で働く必要は、どこにもありません。仕事は自分の満足できる職場で行うべきです。


スポンサードリンク

 


posted by 八意 at 11:11 | 転職のモチベーションアップ法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。