スポンサードリンク
2007年08月02日

同僚の言動に影響されすぎない

仕事場にいると、非常に多くのタイプの人と付き合うことになります。

積極的な人、消極的な人、リーダーシップのある人、まじめな人、行動しない人、迷惑をかける人。

さまざまな同僚に影響されながら、仕事をしなければなりません。

そして、周囲の人は、時にあなたのモチベーションが下がるような発言をすることがあります。ですが、それを気にしすぎてはいけません。他人には他人の生き方、考え方がある

同僚にも、それなりの考え、信念があり、それがあなたに対してマイナスに作用することもあると思います。ですが、それに対して過剰に反応し、問題を起こしたり、仕事に支障を出してはいけません。

人にはそれぞれ信念があり、それは人によって違います。

そのギャップによって、衝突することもあるわけですが、もし、問題が起きそうになったら、あなたが一歩引いてその場を押さえるべきです。

それは周囲の同僚に迷惑をかけないという配慮であり、あなたの信念を曲げるわけではありません。

それに、自分にも信念があるように、相手にも信念があります。お互いがそれを尊重することで、問題が起きにくくなるはずです。

同僚の言動に影響されすぎず、なおかつ対人関係は穏やかになるように努力しましょう。それが結果的に、あなたのモチベーションを下げないですむ予防になります。


スポンサードリンク

 


タグ:仕事
posted by 八意 at 01:12 | 仕事のモチベーションアップ法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。