スポンサードリンク
2007年07月06日

履歴書を提出する前に確認しておきたい5項目

このブログ内で、「若者に多い間違えた履歴書の書き方」 「すぐに役立つ、アルバイトの志望動機を決める方法」という記事を書きました。

今回は、「履歴書を提出する前に確認しておきたい5項目」について書きたいと思います。

せっかく完成した履歴書でも、一部を間違えているだけで印象は悪くなります。履歴書は完璧であることが前提なので、間違えている場合は素直に書き直ししましょう。

就職、転職、アルバイトを問わず、履歴書を提出(または郵送)する前には、以下の事項を確認し、完璧に完成しているか確認しておくことをオススメします

日付は書きましたか?

履歴書の日付は欄外にあることなどから、忘れやすい点だと思います。

履歴書に書く日付は履歴書を提出する日、または郵送する日の日付を書きます。基本的には西暦ではなく、元号で書きます。2007年ではなく、平成19年というように書いた方がいいです。

名前にはふりがなを書く

名前にはふりがなが必要です。

履歴書に「ふりがな」と書かれていればひらがなで、「フリガナ」と書かれていればカタカナで記載します。

住所は正確に書く

履歴書に書く住所は正確に書きましょう。

○丁目○番地○号というように書いたほうがいいです。住所にふりがなの欄がある場合は、忘れずに記入しましょう。

資格欄の書き方

履歴書に資格を記入する場合は、正式名称で記入し、取得した日付順に書きます。

写真の裏には名前を書く

履歴書に貼る写真は、裏に名前、日付を書いてから貼ります。

履歴書から写真がはがれた場合のことを考えて、裏に書いておくわけです。

以上、5項目はぜひとも確認することをオススメします。


スポンサードリンク

 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。