スポンサードリンク
2007年06月29日

ニートへの言葉

ニートであることを苦しむ人がいなくなればいいと、私は願っている。だからこうして、ニートへの言葉を書くことがあるのだ。

livedoorニュース「[ニート調査]8割が就労経験…多くがアルバイト」を読んだ。

記事にあるデータから見て、ニートはやはり往々にして自信が足りない気がする。自己信頼というべきだろうか。社会にでていないだけに、対人スキルが足りないのかもしれない。

だが、逆を言えば、それだけのことでしかないわけだ。

経験があり、自信を持つことが出来れば、ニートは脱出できる。私はそう信じている。

出来ることからはじめる、やれることをやる、自信をつける。ただそれだけのことだ。深く考える必要はない。

仕事用のペルソナ(仮面)を身につけ、別人のように仕事をこなせばいい。人と関わるのがいやなら、出来るだけ人と関わらない仕事を探せばいい。

自分が仕事に合わせるというのも大事だと思うが、自分に合った仕事を探すというのも大事なことだ。それは就職であれ、アルバイトであれ同じこと。

一日で仕事をやめてもいい。

とにかくなにか行動しよう。

失敗から得ることは多いし、成功すれば儲けものだ。

まず始めよう。

この言葉が、ニートの方に届くことを願う。

意見などがあれば、コメントにどうぞ。相談などでもいいです。


スポンサードリンク

 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。