スポンサードリンク
2007年06月26日

上司に適応できるスキルは、就職、転職で役に立つ?

人の上に立つ、というのは難しい。自分以外の人間に多大な影響を与えることになるのだから、生半可な考えで上に立てば、下につくほうに迷惑をかけることになる。

livedoorニュース「コイツさえいなければ・・・役立たず上司の実態」を読んだ。

上司というものは難しいのだろう。記事には様々な迷惑な上司のタイプが紹介されているが、優秀な上司とは、それらに類することがない、適正が必要になると思われる。

就職、転職する際、上司が誰かまではわからないだろう。ひどい上司に当たってしまった場合はどうすればいいのだろうか。難しい問題だ。

ただ、思うに、上司にも適正があるように、部下にも適正がある気がする。

適正のある部下は、幅広く様々なタイプの上司に適応できる。上司を変えてほしいと願うよりも、いやな上司にどう適応するかを考えるほうが、楽になれるだろう。

これから、転職が当たり前になる時代がくれば、上司への適応力は必要とされていくだろう。どんな上司にもある程度適応できるというのは、転職、就職する上で、ある程度役に立つスキルといえるかもしれない。


スポンサードリンク

 


タグ:上司 就職 転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。